告知

購読無料キャンペーンのお知らせ!! 「姫さま梁山泊 九紋竜」 というコミック書きました。

 ←「なないろ*クリップ」学園祭が終わって・・・。 
「姫さま梁山泊 九紋竜」第一巻が完成しました。
amazon Kindleにて公開しました。

明日、6月18日18時より24時間に渡り、Kindle本(電子書籍/コミック)にて無料購読ができます。

お目を通していただけるとうれしいです。
江島原作による長編コミックの序章です。
ああああ~、言ってしまった。"長編"という単語!!
お仕事ではなく、合間合間にやっているので家族の視線がコワイ。
お時間あれば、感想などいただけたら一巻で終わらず、頑張れそうな気配です(^∇^)ノ

今回は序章でなおかつその壱なので、90ページくらいの長さです。
作画は三田カイテ氏です。
氏の協力もあり、3年ほど前より、暖めていた脚本がやっと形になりました。
全てはこれからです。

iPhone、AndroidでもKindleアプリでご覧いただけますよ。
九紋竜史進九節鞭構え
九紋竜史進九節鞭


姫さま梁山泊
時は、中国北宋末期徽宗(きそう)皇帝の時代、暴政と腐敗そして重税のため、国は乱れ民は疲弊、困窮していた。
政治に暗い徽宗は、民の困窮をよそに巨額の浪費に繋がる奇岩集めや蹴鞠のような豪奢な遊戯をひたすら好み、4人の奸臣蔡京(さいけい)、童貫(どうかん)、楊戩(ようせん)、そして蹴鞠の腕を気に入られ、殿帥府太尉(でんすいふたいい 禁軍の最高)の位にまで上り詰めた高俅(こうきゅう)に、好きなように政治を牛耳られていた。

そんな腐敗混濁の世を糺すため立ち上がった者達がいた。
竜虎山の伏魔殿より世に放たれし108の魔星は、大陸全土に飛び散り、やがてその転生は志を持った侠女・好漢として徐々に徒党を組むようになる。
中には地位を捨て、愛する者を失った者もいて、義憤に燃えて命を賭けた闘いに挑む英傑達は、天然の塞、梁山泊へと集うのであった。
時同じ頃、華陰県(かいんけん)史家村(しかそん)の保正(地主)の子としてわがまま放題に育った史進は、元80万禁軍教頭(武術師範)王進に縁あって師事することになる。
武芸百般に長けた英傑、天微星の転生と言われた九紋竜史進の誕生である。
「替天行動」の旗が梁山泊に翻るわずか数年前の出来事であった。


(居ないと思いますが)そこまで待てないと思う方、またはお見逃しの方はこちらから






もくじ  3kaku_s_L.png 告知
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png 格闘技
もくじ  3kaku_s_L.png 台湾brother
もくじ  3kaku_s_L.png 制作日記

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【「なないろ*クリップ」学園祭が終わって・・・。】へ